個性溢れる物語

フィクションです。

No.3 タピオカミルクティー (2)

 No.6の続編です。ですので6を見てない方はそちらを先に、どうぞ。

 

~タピオカミルクティー~

 

 遥子は4階の教室へと向かっていた。彼女もまた、魔剤大学の学生である。この日から大量に留学生が来ることは知らされていたため彼女は心を躍らせながら大学に着弾した。とはいえ1限、2限を完璧に干し、3限からやって来たのだが。

 高校時代の遥子は根暗なウェイだった。部活はせずにバイトに明け暮れる日々。毎日が充実していた。立派なのは高校生活で無遅刻無欠席を貫いたことだろう。ウェイグループにいた面々は皆平気で学校をサボタージュ致したり脱獄したりをしていただけに彼女の頑張りは認めざるを得ない。とは言え頭の方は良くなかった。成績も300人中の390位から398位を行ったり来たりしていた。進路を決める時期になると彼女は勉強に力を入れた。遊んでいた仲間は当然の如く就職の道を選んだ。しかし遥子には夢があった。宇宙人の教師。それが彼女の抱いた夢である。倍率はもはや存在しない。幼少期から宇宙に関する本を多読し関心を深めていった。7月の半ば、彼女は先生に言った。

 「友だちはみんな就職を選んだ。でも私は進学したいです。夢を諦めきれない。」

 「遥子、それは素晴らしいことだ。夢は追いかけていれば決して逃げることはない。追うのをやめたらそこでぽやしみだ。そう、ぽやしみ。」

 「マ?でも今から勉強しても合格できる大学があるとは思えなくて…。」

 「確かにおまえの頭じゃどの大学にも合格は無理だろうな。もちろん、専門学校もだ。しかしそれはあくまでもデータ上の話だ。おまえには運がある。」

 「運…?」

 「うん。」

 「マ?」

 「思い出してみろ。教室にツキノワグマが2頭入ってきた時のことを。あの時はジャンケンで勝った1名が代表して熊退治をすることになっただろ。あの時おまえは持ち前の強運でそのジャンケンを制した。あいこにもならずに1発のチョキでクラス全員を仕留めたよな?あれには先生もお手上げだったよ。」

 「あれは運が良かった内に入るの…?」

 「そらそうよ。」

 「なんかわかんないけどわかった!とにかくやれるだけやってみるよ。で、おすすめのダ、教えてクレメンス。」

 「魔剤大学、都内の大学だ。」

 「聞いたことなくて草」

 「帰ったら調べろ。きっとおまえを受け入れてくれる大学だと思う。入試形態は一般と推薦があるが一般じゃ無理だ。推薦を目指そう。面接ガチれば即合格のぬるいやつだ。」

 「了解。がんばりまつ!」

 こうして遥子は魔剤大学の面接を受けることに決めた。魔剤大学の面接は夏と冬に2回ある。いずれも1次を通り2次を勝ち抜く必要があるシステムだ。1次も2次も同日に行なわれる。夏の推薦の締切がもう目と鼻の先に迫っていることに気付いた彼女はすぐに書類を提出した。

 夏の推薦入試当日。どんよりとした快晴の中レインコートに日傘の独創的ファッションで会場へ足を運んだ。順番はすぐに回ってきた。

 「登竜門遥子さん、どうぞ。」

 「失礼します。受験番号34、登竜門遥子です。」

 「こんにちは。早速ですが今気になっている芸能人を教えてください。」

 「ロバートグリーンです。」

 「(誰やそいつ…)どんなところが気になるのでしょう?」

 「顔ファンです。それだけです。」

 「わかりました。ありがとうございます。私の知らない芸能人のようなのでこの1次面接終了後に調べておきます。次に趣味を教えてください。」

 「はい。ラーメンのスープに浮いてる円の形をした油がありますよね。あの油同士を箸でひたすら繋げて大きな円の油を作ることです。」

 「(わけがわからない…)なるほど、私はやった事がないので1次面接終了後にラーメン屋を訪ねてやってみます。最後に高校で頑張っていること、教えてください。」

 「登校することです。友だちは皆学校に来なくなりました。私も休みたいですがここで脱落するわけにはいかないので頑張って行ってます。はい。」

 「強い心を持っているようですね。熱が伝わりました。1次面接は以上になります。13時に合否を貼り出しますのでそれまでお待ちください。」

 「ありがとうございました。失礼致します。」

 彼女自身、手応えは感じていた。言いたいことは全て言えたことで達成感も溢れていた。

 13時。合否の書かれた紙が正門近くの池の近くに貼り出された。34、その数字はどこにもない。それどころか3や4の付く番号の受験者は誰ひとりとして受かっていない。

 「落ちて草」

 先生と両親にそのLINEを送った。両親からのメッセージはすぐに届いた。

 「流石に草」

 先生からのメッセージは家に帰り両親と話している時に到着した。

 「マかぁ、マなのかぁ。冬に受かろうな。」

 夏の暑さのせいかとても熱意のある文章に感じた。その後の両親との話し合いの末、冬にもう1度魔剤大学を受験することに決めた。ここしかない。決心は堅かった。

 そして人生をかけた冬の受験日。この日は都心でも氷点下を記録するなど寒すぎた日だった。前日の雨によって形成された水たまりには氷が張り、受験生は決して滑ることのないようにそっと抜き足差足で歩いた。そんな中を堂々と歩く遥子は転倒し幸先の悪いスタートとなった。会場は夏よりも人がいてカオスだった。名前がコールされるとアカデミー賞受賞者のような足取りで部屋へ向かった。

 「11番、中へ、どうぞ。」

 「失礼しまつ。」

 「(しま “つ” …?)ゴホン、おはようございます。」

 「おはようございます、質問あくしろよ。」

 「はい。今回は質問は一つです。しっかり答えてください。道端にダンボールがあり、中には子犬が1匹入っています。あなたはどうしますか?」

 「そうですね。箱を持つでしょう。そして家に持ち帰ります。犬はとりあえず役所に連絡して対応してもらいたいですね。ダンボールはゴミの収集日を待って処分したいと思います。」

 「なるほど、以上です。12時の合否貼り出しを待っていてください。」

 そして12時。貼り出された紙を見に行くとそこには11番の文字が掲示されていた。1次面接合格。午後の2次面接の切符を得た彼女は満足げな表情で転んだ。次の2次面接は14時からだった。昼食を済ませダラダラ床で寝ていると呼ばれた。

 「11番、入室して、どうぞ。」

 「マ?失礼しまつ。」

 「こんにちは、1次面接合格おめでとうございます。これから2次面接に移ります。質問は1つのみです。では始めます。魔剤大学を志望した理由を教えてください。」

 「はい。私はとても頭が良くないです。でも夢があって諦められないです。その夢は宇宙人の教師です。その夢を叶えるには国際的な経験も必要だと考えました。そのためにはやはりこの大学は視野に入りました。さらに、偏差値は鬼低いので私にピッタリだと感じました。ここしかない。神様が告げている様でした。以上が志望動機です。」

 「あっ(困惑)ありがとうございました。退出して、どうぞ。17時に結果を貼りだします。」

 17時、正門前はザワザワしていた。少し遅れてやって来た遥子の目は5分ほど探してようやく11番の文字を捉えた。合格。目は死んでいるが心は喜んでいた。

 あれから数ヶ月。この夏の魔剤大学の構内に遥子はいる。これから始まる留学生との交流を心待ちにして3限の授業を受けていた。遂に明日の1限で留学生と対面することになる。北海道で食べる海鮮丼の上に乗ってる捌きたてのイカのように手足を躍らせて明日を待つのであった。