language possibilities

言語の可能性ってあるじゃん?

「す」から「つ」の時代へ。 ('_'2)

 こんにちは、らめらたんでつ!w

今回から何回かに分けて「す」と「つ」について具体例等も取り入れて考察していきまつよ。とは言え、「す」を隈無く「つ」に変換していくのは流石にも生えないのは誰もが分かっているはず。この1回のブログで幅広いパターンを全て扱うのは無理がある。故に何度かに分けて見ていくことにつる。そりでわ煎餅を片手にゆっくり行くゾ~。

 

1.最後尾の「す」を「つ」に変換

最もオーソドックスなパターンと言って間違いないだろう。

【タンス】を例にとって考えてみよう。読者の思惑通りこれは【※タンツ】になる。実際に友人などに使っても大して問題ないように感じる。こうして文字に起こしたときの方がよっぽど違和感があるのではないだろうか。ざっくりとした結論としては言語上のこの掟を知らない人に使ってもいいのがこのパターン1と言うことになる。 

※【タンス】は本来、【タソツ】になるべきであるが本ブログではまだ取り上げていない技法のため今回は【タンツ】にした。読者の皆様には本来は【タソツ】であることを噛み締めておいて欲しい。

 

2.先頭の「す」を「つ」に変換

難易度としてはやや高めか。というのは、どうしても先頭に居られると気が緩むと変換作業を忘れてしまうことが多々あるからだ。しかし言い訳をしている場合ではない。やると決めたらやるのが筋。

【スーツ】で考えてみよう。これは面白い。【ツーツ】になった!w 疑ってもしょうがない。事実、こりが正解なのだから。これは恐らく、ある程度言語修行を積んでいる人でも発話された直後に脳内処理は追いつかない。個々の発想力とやらが問われてくるに違いない。また、文字に起こしても違和感は塊となって我々の目の前に反り立っている。故に評価つるのは厳しくあまり推奨できるものではないのがこのパターン2である。

 

3.真ん中の「す」を「つ」に変換

こりは案外簡単なものである。筆者であれば意識しなくとも気がついたときにはその変換は成立しているケースが多い。

【バスラ】で考える。【バツラ】になる。以上だ。簡単どころのレベルではない。外から帰ったら手を洗う、そりと同じくらい何も意識しなくてもできることだ。こりもパターン1と同様に誰にでも使えるはずだ。寧ろ酷使して欲しいくらいだ。文字列を見てみると、如何にも言語がぽやしんでるなぁと言った雰囲気が醸し出されている。バツラだぜ?ありえんぽやしみみが深すぎまつよね笑

 

長くなりましたが今回は以上の3つのパターンをピックアップしました。

理解はできましたでしょうか?? 復習は不要でつ。

次回はもう少し踏み込んだところをキャッチしていくつもりでつ。

ご覧いただきありがとうございました!

 

[ぽ知らせ]

こりからしばらく忙しい期間が続き、さらにWi-Fiが使えない期間が襲来つるため次の更新がだいぶ遅れることが予想されまつ。申し訳ない気持ちが少しありまつが把握をよろしくお願い致しまつ。